青森県八戸市の新築・リフォーム、通気断熱WB工法のワクワクするような家づくり!


     



家造り一問一答トップ -> WB工法について
冬場に自動開閉装置が閉じたら、化学物質や湿気がこもりませんか?
A. 通気断熱WB工法の健康住宅なら大丈夫!

有害な化学物質は水分に溶ける性質を持っています。通気層が閉じてしまった冬でも、室内の湿気とともに壁を通り木材に吸われて室外に出るため、室内にこもることはありません。こちらも春になり暖かくなると、自然に通気口から抜けていきます。
また、通気断熱WB工法の家の壁は透湿素材であり、通気層内の構造材には木材が使われています。木材にはご存知のように湿気を吸ったり放出したりする調湿機能があります。そして、暖かくなって形状記憶合金の通気口が開き、通気層に外の空気が流れ込んでくると、冬の間木材と壁材にため込まれていた水分は、外から入ってきた空気とともに屋根上部から出ていってしまうというわけです。

トップページ | WB工法って? | 地場産材の使用 | 施工例の紹介 | リフォーム | 家造り一問一答 | スタッフ投稿ブログ

有限会社 一勝家口建築
 〒031-0813 青森県八戸市新井田字小久保尻16番地177
TEL:0178-34-2164  FAX:0178-34-2186